ペルシャじゅうたん

a0077203_12263043.jpg
「ずっと前このじゅうたんには犬が寝ていたりしました。」少し使い込んだものは美しさを増します。スカーフなども使ったものの額装は趣きがあります。
少し前の写真も何かが違うような気がします。ポスターや絵画も昔のものは哀愁を感じます。
私は新しい家具には興味がありません。額も古っぽい感じが好きです。
特別な骨董やアンティークを探さなくても自分流のノスタルジーが良いですね。
このじゅうたんにはどんな思い出があるのでしょうか。
お取り付けに伺いました。「この部屋では読書をします...」その言葉に深い感性を感じました。
by page-1h | 2008-10-18 13:49 | 額装 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/7582693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 祭りの日 エトワール >>