トルコじゅうたん

a0077203_10423666.jpg
「壁の装飾は思い出と共に」はページワンのコンセプトです。じゅうたんは踏むことを許されたひとつだけの芸術品とか......でも長い時間をかけて織った細密なじゅうたんを普段使いにするのは勇気が要ります。額装をするのも良い方法だと思います。
「トルコは暑かったですよ。40°以上あるのですから。このじゅうたんはトルコの若い女性が結婚前に長い時間をかけて織っているの」興味深い旅の話しをお聞きしながらフレームを決めました。マットはスエードにして面金は存在感のあるもので...といつの間にか私達の心も空を飛んでいます。じゅうたんは手創りの芸術品ですから額に入れるには感性が大切です。経験で完成度が違います。取り付けにお伺いしてその素晴らしさに感動しました。額装するというのは素晴しいことです。
by page-1h | 2008-08-31 18:48 | 額装 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/7445106
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by クレーム・カラメッラ at 2008-08-31 19:47 x
世の中に額装できないものはない、というページワンのコンセプト、いや、額装することによってその持ち味が更に引き出されるという自信がすばらしいです(天ぷら職人のようですね)。
Commented by sayu at 2008-08-31 22:37 x
あ・の・絨毯ですね
どんなお宅のどんな所にかざられたのかな〜〜?って思いましたよ。
素敵でしたから。
Commented by page-1h at 2008-09-01 18:54
焼きプリンさん、妙な自信がみなぎってくるのが私達の年齢の特徴かも...。美味しい天ぷら食べ過ぎて太らないように(自信過剰に)気を付けます。
Commented by page-1h at 2008-09-01 18:57
sayuさん先日はありがとう。久しぶりにお会いして気持がすっきりしました。
Commented by atsuatsu at 2008-09-01 19:14 x
圧倒的な存在感と歴史が感じられる額装でしたね~すごーくすてきでした。
Commented by page-1h at 2008-09-03 17:35
本当に素敵でした。納品してからも話題になります。ペルシャじゅうたんもエルメスのスカーフも伝統の美術品ですね。額装とは保管することでもあり装飾でもありで素晴しいことです。又ゆっくりお会いしたいです。いつも心よりありがとう。


<< ポスターの文化 眠の木レストラン >>