小さなコレクション

a0077203_186671.jpg
昨年は素敵な仕事で終わりました。主人がお客様のお宅に絵の取り付けに伺いました。彼らは新築をした若い御夫妻.....もう10年も前から今頃になると小さな版画をお買い上げになるのです。毎年ですから私は、こっそりお子さんの写真を撮って楽しんでいました。
それほど絵になるファミリーでした。今回も謡口早苗さんの小さな作品を選びました。そして「実は僕たち家を建てて広い壁に大きな絵が欲しいと思っているのですが...」と言うのです。「壁が薄い茶色なんですが.....どんなのがいいかな」「お好きな絵が良いですよ。額で雰囲気が変わりますから」選んだのは白駒一樹さんの茶系の美しい作品でした。私も大好きな「アジアンブラッサム」朱鷺の羽のようなピンクがほのかに入っています。「今までの絵も全部飾りましょう。額装が出来上がったら伺います」
帰って主人がこんなことを言いました。「小作品でも版画は良いね。年月が経ってもいつまでも飽きないものだよ。アートのある家がいいね」幸せな仕事でした。
by page-1h | 2008-01-05 18:41 | インテリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/6642678
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 写真の額装 今年もページワンで >>