絵のある生活を楽しむとは...。

額装に来られた時玄関の写真を携帯で見せて頂きました。
先日、白駒一樹さんの版画を買ってくださったお客様です。
ぜひ私にこの写真をメールしてくださいと頼みました。
それがこの写真です。
夏の庭をカタツムリが遊んでいます。
すごく気に入って衝動買いのような感じでした。
家に帰って飾ってみても素敵だったそうです。
絵はインテリアに合わせなくては...と気負って悩むお客様が多いですね。
わたしも家の家具や色をお聞きして余計に悩ませることがあります。
「絵の楽しむ生活」は「好き」が一番ですね。

a0077203_18502006.jpeg
版画を買われて2回目の、ご来店は油絵を2点額装依頼でした。
まだ出来上がっていませんが、こんなメールを頂きました。

もともと旅先で気に入った絵や額を
自分たち用のお土産にするのが好きだったのですが、

家を建ててからというもの

家に合うものを買うという感じに思い込んでいたようです。

そんなつもりはなかったのですが

ページワンさんに伺って

お店の雰囲気に触れて、気がつきました。

自分が好きなもの、持っているものを

家に馴染ませていけばいいんだなあ・・・と。

そう思って、大昔に新婚旅行で買った思い出の

絵の額装をお願いした次第です。」





by page-1h | 2017-07-13 19:04 | 暮らし | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/237164987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ブローチの額装 猫ざんまい >>