ペアウオッチが額に入った!


a0077203_16170419.jpg
ペアの時計をフレーミングしました。
結婚のお祝いに友達からの贈り物なのだそうです。
お友達..時計がフレームに入っていたら驚くだろうね。
でも息子さんが高校受験だと言ってましたから
ずいぶん前のことですね。
ご主人の希望だとか...大切な友人のこと思い出したのかな。
時々使う時計の収納とインテリアの融合のようなフレーミングです。
だから簡単のようで意外に難しい。
雪絵さんが毎日毎日...考えては、ため息をもらす仕事になりました。

a0077203_16163569.jpg
まず立体の箱を作って...
内側にマットに貼った布を組み込みます。
台座の上の基礎を埋め込みます。
この部品はネットで探して試行錯誤していました。
a0077203_16154756.jpg
リングを台座の基礎にはめ込みます。
これに時計を掛けます。

a0077203_16181947.jpg
上からモールで作ったフレームを乗せて....
a0077203_16153620.jpg
細かな修正もして...打ち込み過ぎて猫背になってます。


a0077203_16233848.jpg
側面に中と同じ青の布マットを貼りましょうか...
どうしょうか...同じ色というのも...でも余っているし...
a0077203_16160134.jpg
どうやら青ではなくて側面はベージュの布を貼ったようです。
壁に掛けた時、側面のバランスの大事ですね。
さて入れたり出したり...強度は大丈夫かな。
a0077203_16154961.jpg
こんなふうにドアみたいにフレームが開くんですよ!
マグネットも付けてブラブラしません。
a0077203_16215905.jpg
お客様と雪絵さんの感激の記念撮影。
お客様の笑顔。フレーマーの達成感。
フレーミングって良いなあ。

by page-1h | 2016-05-09 16:53 | 額装 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/22793274
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 友人が「ぽっ と」というサロンを開業 ご両親の愛に包まれたエルメス >>