バラの咲く頃

水彩画家の阪本一史さんの作品に「バラの咲く頃」があります。
彼がシドニーに住んでいた時よく行くレストランには毎年バラがたくさん咲いたそうです。
そんな思い出を描いた作品です。
店の前の看板案内には「今日は60才のお誕生パーティです」と書いてあります。
バラも数えると60個なのです。
a0077203_18140144.jpg
ページワンは楽天に出店しているのですが
お客様から贈り物でご注文がありました。
私は少し心配になってこれは還暦のパーティですがよろしいでしょうか?と尋ねました。
お返事に
「ご心配ありがとうございます。
実は宛先に義理の兄が60才を迎えました。
ちょっと迷ったのですが私もこの絵がとても気に入っていまいまして他のも探したんですが
やはりこの絵を外せませんでした。
義兄が頑張って実家をリホームしてくれたので
お礼をの気持ちも込めてのプレゼントです。
私も8月に久々に実家にか帰ります。この絵に会えるのが楽しみです。」

私もこの絵が大好きです。
阪本さんにこのお話をしました。
「今日帰ったら昔のアルバムを開いてみます...」と言ってました。
温かさが誰の胸にも届く阪本一史さんの絵です。

a0077203_18473891.jpg
綿引明浩さんとページワンにて阪本一史さん。
どんな時でもページワンに来てくださいます。





by page-1h | 2015-07-29 18:33 | 贈り物 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/21496481
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ホスピタリティー 海岸沿いの美術館 >>