ピアノとエルメス

a0077203_1542132.jpg

a0077203_15382280.jpg

このスカーフはエルメスのウインドウ・デスプレイ・ディレクターのレイラマンシャリの
チュニジアの海沿いにある「秘密の庭」がモチーフの「レイラの庭」なのだそうです。
エルメスを調べたりして私もスカーフに少々詳しくなりました。
ご提案するとこんな返事でした。

「グレイ、シルバーも好きなのですが、このスカーフには合いますでしょうか?
スカーフや部屋に合うのが大前提ですが、色は白・明るいグレイ・シルバー系で
存在感があって、時代観が感じられて(モダンでもアンティークでもいいけど主張のはっきりしたもの)そして涼しげなかんじが好きだなぁと感じます。」

事前にインテリアの写真も送って頂いたので、とても悩みました。
この額裝になったら良いなと思っていましたが冒険です。
というのはフレームにわざと傷を付けているのです。
乱暴に下地の木地が見えます。でも計算したように不思議なイメージです。
私も完成するまで不安でした。
嬉しいメールを頂きました。音楽が聞こえるようです。

「昨日スカーフが届きました!とっても素敵な額をつけていただいてとてもうれしいです。
早速、ピアノ部屋に飾りました!
マッチするかなぁ?とドキドキだったんですが、とっても素敵でキラキラしています。
写真を添付いたしますね。」

とても低く取り付けていますね。
素晴らしいセンスを持った女性です。
by page-1h | 2014-05-28 15:29 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/19842623
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< スペインのアトリエ ピンカーン晴 >>