送別に込められた愛

a0077203_18221256.jpg

額裝とは人を喜ばせることだと思っています。
誰でも壁に掛けてある額を見て何かを思いますね。
そう信じて仕事をしていますが、こんなに嬉しい額裝をしました。
15センチくらいの小さな額です。
上司の退職に部下達が贈りました。
彼はとても仕事熱心な上司だったそうです。
いつも仕事に熱中する姿を部下は見ていました。
2つの丸い輪は仕事の自動車の部品です。
そして下のバスタブの写真は仕事には関係ありません。
「これからは、ゆっくりお風呂に入って休んでください...」ということです。
忙しい時は家に帰らないで車で寝ていたのを知っていたと部下達は言います。
皆が笑っているような幸せな額裝になりました。
愛されていたのですね。
by page-1h | 2014-03-20 18:19 | 贈り物 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/19588715
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by あずみ at 2014-03-27 15:31 x
お久しぶりです。

実際に見たら違うんでしょうけど、この額装、
私には真っ黒い顔の人が大口を開けているようにしか見えませんwww

今は差別用語とか何とかで使っちゃいけないそうですが、
まるっきりあの「ち●くろ●ンボ」です。
ふたつの丸い輪は目で、バスタブは歯?かな?

すいません、くだらない想像してしまって。
Commented by page-1h at 2014-03-27 17:30
写真の写し方が悪いんです。
スゴークアートっぽいですよ。
楽しくて笑い出しそうなそんな額裝になりました。
でもあれこれ連想出来てそれも楽しいですね。


<< まだ見ぬ紳士からのご依頼 みかさんの思い出 >>