絵のある暮らし

a0077203_17494621.jpg
海外から赴任して来た方の絵のレイアウトに伺いました。
先任の方の仕事もさせて頂きました。
それでしみじみ思うのですが外国の方は絵を必需品と思っていることです。
赴任期間は3年ほどのようです。
それなのに驚くほどたくさんの絵を飾ります。
それは本国から送って来るのです。
しかも大きな絵が多い。
彼らは絵のある暮らしは心を穏やかにすると教えてくれます。
そういう人生もあるのだと思いました。
by page-1h | 2013-12-26 18:02 | インテリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/19232058
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 街の幸せ フィギュアスケート全日本選手権 >>