アクリルの傷

a0077203_15182167.jpg
美術館の仕事をしました。
額はそのままで作品だけを入れ替えます。
マットをブックマットでとの専門的な指定があります。
額の汚れやアクリルの傷の補正と細かな仕事です。
催事の準備ですから数がありました。
コツコツと仕事の合間にこなします。
どこまで再生すれば良いか悩みますが
手を抜くことを忘れて完璧を目指すフレーマー。
地味な仕事ですが頑張りました。
天晴れです。
by page-1h | 2013-04-24 15:28 | 額装 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/17675115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ドラマのようなスカーフ額裝 さようなら曽根浩二先生 >>