何とか...は心に響いた

a0077203_11102871.jpg
家族4人でビュッフェ美術館に行った記念です。
そこで売っていたポスターを
簡単にポスターフレームに入れるためのお客様でした。
お子さんは息子さん二人でお兄さんは大変な中学3年。
そのお兄さんが珍しく気に入ったポスターだったそうです。
母としてはそれがとても嬉しい。
家族で行った思い出のポスターです。
思い切って素敵にしましょうよ..と提案しました。
ふと..お客様のお母様が「こうすると家族の(何とか)になるのね」
と言われたそうです。
フレーマーの雪絵さんは「そうなんですよ!!」と感激したそうですが
(何とか)が何だったのか忘れてしまったそうです...大感激したのに..
一生懸命思い出そうとしています。「物語」「思い」「絆」そんな感じだったそうです。
家族で美術館に行った思い出。そんなことが、いつの間にか懐かしい時代が来ます。
額裝は素敵な仕事です。
by page-1h | 2011-05-22 19:33 | 額装 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/12630370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by さくら二夕 at 2011-05-24 07:05 x
おじゃまします
先日は わたしめの作品<ウェルカムボード>を 素敵に仕上げてくださって ありがとう御座いました
作品が引立ちましたわ^^・・・さすが!!!
御本人、ご家族さまも満足されて 私もうれしかった
求められて 成功した時が プロといえるんだなと感じました
まだまだ 未熟 なかなか プロらしく・・・って言うのが 難しい
今後とも 宜しくです。 お導きを!!!
Commented by page-1h at 2011-05-24 10:04
二夕さんお元気ですか。又ゆっくりお会いしたいですよ。
遊びに来てくださいね。ウエルカムボードの額裝をさせて頂きありがとうございました。
ホント我ながら素敵でした。書のウエルカムボードって初めてでしたが良いですね。結婚式にぴったりでした。
赤の額もスタイリッシュでした。
お写真を撮ろうかなと思っていたら受け取りに来られたので
写真がないのです。
すごく残念と言っていたらこのコメントでした。
もしお写真があったら見せてくださいね。
お幸せな人生を送られるでしょうね。
そんな思いがあふれたウエルカムボードでしたね。


<< 新しいフレーム工房 日暮れて >>