母への愛

a0077203_11382664.jpg
晩年古布を使った手芸に打ち込んでいたお母様の作品を少しずつ額裝しているお客様がいます。
これは巾着袋です。
「母が生きている時に額裝してあげたら良かったのですが」と言います。その前はパッチワークでした。
家庭に家族の作品を飾るのは最高のインテリアだと思います。
いつかお孫さんや、ひ孫さんがその作品を見てルーツを感じるのです。
自分には手仕事の好きなおばあちゃんがいたと思えば心の励みになるでしょう。
額裝すると保存して残せます。そして代々家の装飾品として受け継がれるのです。
by page-1h | 2010-08-02 12:03 | 額装 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/11069590
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< リンドベルグラス館 ハワイアンキルト >>