親の役割

a0077203_16244163.jpg
絵の好きなファミリーです。今回はお子さんのアートを額裝しました。
紙粘土のカブトムシに写真が入っています。このままフォトフレームとして壁に掛けるのでしょう。でもいつの間にか壊れて無くなってしまったら残念です。額裝をすることは保存という役割もあります。
そしてそれは素敵なインテリアにもなるのです。額裝は思い出も残します。そんなお手伝いが出来てページワンも幸せです。暮らしの演出は親の役割ですね。子どもが芸術に価値観を持つのもこんな経験が大切だと思うのです。





a0077203_16411281.jpg

やはりリビングに掛けるなら白がいいかな...と森で拾った木で作ったような自然な額にしました。触角が出っ張っているので厚みがあります。オブジェのようになりました。
by page-1h | 2010-03-18 16:43 | インテリア | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://page1.exblog.jp/tb/10216027
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< いつも感じて 噂のモーガン夫妻 >>