ページワンの額装パリへ行く

ページワンってすごいなぁ〜って思います。おとうさん!
朝の連ドラ「ひよこ」に影響されました。失礼

ビーズアクセサリーのアーティストがページワンに来られました。
何とパリの展示会に出品するのだそうです。


a0077203_18130474.jpg
張り切ってしまいますよね〜
a0077203_17080472.jpg
この額縁ならフランス人もびっくりですね。
セシボン〜ってね。
a0077203_17075883.jpg
緊張してます。
私も一緒にパリにいきたいなぁ
でも最高の仕事が出来て幸せ。
ご成功を祈ってます。



# by page-1h | 2017-06-23 18:37 | 額装 | Trackback | Comments(0)

「平野喜久子」と「浦野尚子」の出会い

私が主人とふたりでページワンを開店して
もう33年目に入っていますが
ページワンとは人と人の繋がりだと...
それだけで、やって来れたと月並みなことを思います。

昭和41年当時将来に光を放つだろうという一人の版画家が
27歳で病死しました。
その画家「平野喜久子」は千葉在住で浜松の出身でした。
母親が亡くなり遺品である作品に陽が当たり
浜松で小さな美術館を作ったのが2009年の夏でした。
ご家族と仲の良かったページワンはその額装を任されたのです。
でもその後小さな美術館は都合で閉館されていました。
a0077203_16060248.jpg
2016年春、息子さんが入学されて訪れた千葉市の
大学近くの古本屋でゴーギャンの本を買われたのが
長野県諏訪湖畔の街に住む浦野尚子さんです。
本の裏表紙に「平野喜久子蔵」と記されていて
ネット検索でページワンのブログに繋がったのです。

そして浦野尚子さんは「平野喜久子」に感銘して
氏のことを詳しく調べ浜松在住の家族とも連絡をとり
下諏訪の「ハーモ美術館」で6月24日から
平野喜久子版画展を開催することになったのです。
浦野さんの情熱は計りきれません、
その、ひたむきな努力と美術に対する優しさに私は感動しました。

昭和の版画界の彗星になった平野喜久子氏...
私も鑑賞してまた紹介したいと思っています。
a0077203_16060570.jpg



# by page-1h | 2017-06-19 16:42 | アート | Trackback | Comments(0)

玄関に水彩画

玄関に水彩画を掛けたいと
よくお客様に言われます。
それも美しい花が良いと...
神坂智世実さんの水彩画をお見せすると
大満足です。
そうそう...こんな感じ.....
そしてたくさんのコレクションをお見せして
お互い楽しい時間を過ごします。
今水彩画がとても人気です。
儚くて優しく...ひとつだけの宝物。
a0077203_18491349.jpg
ミモザ

a0077203_18492897.jpg
小鳥のさえずりと共に
a0077203_19011735.jpg
数年前の写真ですが神坂さんらしいので..
気取らず素朴で可愛い...
夏のページワンで。

# by page-1h | 2017-06-16 19:03 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ハンカチーフの思い出

息子さんは20歳。
バイトのお金で買ったハンカチーフを母の日にいただいたそうです。
私がこのような体験をしたら絶対額装します。
夢のような出来事だからです。

以前からのお客様ですが
今年の5月の連休にもご主人と遊びに来てくださいました。
横浜にお住いです。

先日ハンカチーフが送られてきました。
a0077203_16283207.jpg


メールと写真を頂きましたので紹介!

先ほど 額装されたハンカチが戻って来ました(╹◡╹)♡
とっても上品な感じで とっても素敵ですね‼︎
嬉しいです‼︎
何度もメールで希望を聞いていただき
こんなに素敵に仕上げて頂いて
本当にありがとうございましたm(._.)m
早速まずリビングのいつもシャガールを
飾っているところに掛けてみてから
私の部屋に納めました。
写真撮ってみましたので送らせていただきます。
ページワンで額装して頂いた絵が少しづつ増えています。
楽しいですね。」
a0077203_17150518.jpg
ページワンの窓辺でも写してみました。
フレームはマットな白の額に
シルバーの小さなドットがアクセントです。
私もプライベートでよく使う額装です。
a0077203_16283461.jpg
息子さんも照れながら喜んでくれますね。



# by page-1h | 2017-06-10 16:57 | インテリア | Trackback | Comments(0)

面白いから額装してみよう。

お客様のご依頼品です。
小さなぬいぐるみみたいなアートです。
どんなアーテストの作品なのでしょうか...
不思議な感じすらします。
どこで手に入れたのでしょうか。
玄関に飾るそうです。
これはオズの魔法使いですね。
店のテーブルに置いておくといろんな方が
雰囲気出てますね!と言います。
a0077203_16501092.jpg
これに出会った時、額に入れようと思ったお客様はすごい!
生活を楽しんでいますね。
a0077203_16532310.jpg
もうひとつフェルメールがありました。
これも特徴とらえています。
自然に笑えてしまうのですが...。
a0077203_16124457.jpg
フレーマーの雪絵さんが言うには
面白がって本当の名画のように大げさな額に入れたのが
良いんだから!って
a0077203_16505333.jpg
「オズの魔法使い」はバックを黄色にして
素晴らしい現代アートになりました。
誰でもフト思うのです。
「これは額に入れてみよう!」って
大正解。




# by page-1h | 2017-06-07 16:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)

旅とインテリア

人生は旅と同じだと言います。
旅の話しをすると心が開かれます。
旅から帰ると何らかを額装に来る方がいます。
彼女に会うとワァ〜っと楽しくなって
又いつ会えるのかな〜と考えて恋人のような気持ちです。
どんな暮らしをしているのか...どんなインテリアなのか...
額を飾ったら写真撮って見せてください...と頼んでみました。
そしたらメールを頂きました。
トルコや中東、インドetc やはり旅は最高のカンフル剤だね。
a0077203_17475973.jpg
「部屋の写真はこのような感じでよろしいでしょうか。
あまり広く写すと私のズボラさ加減が分かってしまうので...。
ページワンの雪絵さんのフレームには愛がありますね。
しあわせな気持ちになります。
どんなに高価なインテリアを買って飾るよりも
ページワンで額装してもらったり
ページワンで出会える絵や写真を飾る方が
生涯楽しめるのに!と思います。
額装されるものが一番ステキになるような額装…
素晴らしいです。」

素敵な表現のメールです。
ありがとう。
やはり旅は私の人生だ。
でも僕もしあわせの額装してるよって
横で主人がひがんでいますが...。




# by page-1h | 2017-06-05 18:05 | インテリア | Trackback | Comments(0)

赤いペガサスのエルメス

赤いペガサスのスカーフが送られてきた。
エルメスのスカーフでペガサスはいろんな色がありますね。
ご依頼のお客様は男性でした。
飾る予定のエントランスの壁の色とか..しつこくお聞きしてしまいました。
シンプルな方が良いと言っていました。
それはスペースが無いのかご趣味がシンプルなのか...
誤解がないよう考え尽くします。
a0077203_15533958.jpg
何回もメール交換していると
お互い解らなくなってきます。
でも突然ひらめくものです。
このフレームしかないと思いました。
そして繋がった!
a0077203_15534378.jpg
奥様もとても喜んでくださったと
写真を送ってくださいました。
ほんとうにこのスカーフに似合います。
象牙のような...内側にドットがあって華やかで
シンプルスタイル。
玄関に美しい赤。
エルメスの色ですね。


# by page-1h | 2017-06-02 18:41 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

初凧の額装

5月も、もう終わり...
浜松っ子の胸は何だか寂しいね。
祭りの喧噪がもう遠雷のような気がして
でも、もう一年頑張ろうって思うんですよね。

今年「初子」だったお家は最後の楽しみが待っています。
「やっぱ凧は額に入れとかんとダメになっちゃうに〜」

a0077203_18214315.jpg
ということでページワンに来られます!
湾曲した凧を真っ直ぐにして.....
伝統の凧を現代アートのように額装して
インテリアにしてしまいます。



a0077203_18214915.jpg
なるべく薄くして
立体ですがシンプルにまとめるのがプロの技です。
a0077203_18215420.jpg
凧を手にすると心が弾みます。
a0077203_18214778.jpg
凧は縁起ものです。
そして雪絵さんも凧を手にすると
大はしゃぎです!
彼女は2人の男の子の母ですから...




# by page-1h | 2017-05-27 18:37 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

内田新哉

内田新哉さんの「ハーブルーム」
とても懐かしい、お客様が先日訪ねて下さいました。
昔..もう25年以上前だけどページワンに居たページという犬と娘が
撮った写真があると言っておられました。
そしてこの絵を選んでくださいました。
今日そのお嬢様とページワンに来てくださいました。
私は「アルプスの少女ハイジが大人になった時こんな部屋にいるかもしれない」
と内田新哉さんが言っていたのを思い出した。
何とお嬢様は今薬剤師なんだそうです。
お母様はそれを思ってこの絵を買ったのだろうか。
a0077203_19045998.jpg
ハイジは子ヤギのユキちゃんを助けるため
懸命に薬草を集めたように無垢な優しい心は
またひとつの命を救っている。

幼い時の彼女の面影を感じながら
裏庭でお茶をしました。
おおげさにロマンチックな気持ちになった私は
彼女が眩しかった。

# by page-1h | 2017-05-21 19:04 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

母の日のプレゼント

明日は「母の日」
先日とても良い事がありました。
お客様でもある永い友人がいるのですが
彼女のお嬢様がご主人と小さなお子様とでページワンに来られました。
「母が60歳になるのでお祝いの贈り物をしたいのです」と...。
母から子へと絵のお好きなファミリーは繋がります。
とても嬉しい瞬間ですね。
この絵「ママズキッチン」は子供達が小さかった時のことを思い出します

a0077203_14331652.jpg
「母はいつもキッチンにいて私達のためにお料理を作ってくれました」
「母は料理好きだし一緒に作ったりケーキも焼いたり....」
とお話しは尽きません。
友人は誠実でまさに、そのような人です。
今ではお孫さんも一緒で絵のような家庭なのですね。
何だかちょっと羨ましくなってしまいました。


a0077203_14331933.jpg
こんな親子の絵もあります。
むらかみみかさんの友人のエスペランサさんの作品です。
スペインの大地を思う色彩ですね。
「母馬と子うま」額装¥30,000
「Mama's Kitchen」額装して¥20,000から¥22,000くらいまで

# by page-1h | 2017-05-13 15:32 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

書を見る

2日(火曜日)は定休日でお休みします。
3日より8日まで休まず営業します。
GWはページワンで楽しくお過ごしくださいね。

裏庭に面した小さな部屋があります。
パソコンや小さなテーブルがあって資料棚があったりします。
そこに播磨鉄牛先生の小さめの書を16点展示しました。
先生は額にこだわります。
小さな部屋ですがゆっくり座って眺めてくださいね。
太宰治の「パンドラの匣」など良いです。

a0077203_18535402.jpg
a0077203_18535478.jpg
家の中に気に入った書があると素敵ですね。
a0077203_18535467.jpg
先生は欲がないので作品はとてもお安くて気軽です。

# by page-1h | 2017-05-01 19:02 | | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークはのんびりと。

いつも豊橋から額装に来てくださるお客様。
今日はページワンの裏庭でお茶をご一緒していただきました。
豊橋のお花屋さんの話や食べ物の話...映画の話などなど
楽しかったな。
休日だから、のんびりギャラリーで主人と話し込んでいました。

a0077203_18534739.jpg
映画「ララランド」を4回観たそうです。
a0077203_18534932.jpg
GWはぜひページワンでお過ごしくださいね。

# by page-1h | 2017-04-30 18:59 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

絵を探してみたいと思いませんか?


県外から来られるお客様のお問い合わせが多いのでお知らせします。
バスは駅前バスターミナルの1番から出るバスに乗って「鹿谷町南」で降りてくださいね。
「浜松美術館前」の次のバス停です。
バスを降りて対面にページワンが見えますので店の前の横断歩道を渡ってくださいね。
バス案内

休日...時間ができて何をしようか?と
思うことありませんか...。
そんな時アートを見るっていうのはいかがでしょうか。
何を見るという目的もなく
美術に詳しいわけでもなく
ただ非日常の見たこともないものを探しに行く。
それがページワンです。
a0077203_13262509.jpg
ギャラリーなのに個展をしていることもなく
案内状を見たわけでもなく
コンビニに寄るようにフラリと立ち寄る店。
a0077203_13262166.jpg
a0077203_13263052.jpg
気持ちの良い庭があり椅子があり
画集があり
額装の工房がある。
a0077203_13262745.jpg
まだ一度もページワンに来たことのない人も
思い出の中にある人も
ページワンに来たら脳が癒されます。
ゴールデンウィークはぜひページワンへ...
駐車場も3件先にあります。


# by page-1h | 2017-04-29 13:38 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

「記憶を重ねる部屋」

朝、雪絵さんが雑誌「BRUTUS」を買ってきました。
表紙に「記憶を重ねる部屋」と書いてありました。
インテリアに額がいっぱいの特集でした。
素敵なコピーに感激。

昔パリで3枚のエルメスを買われたそうです。
すごーい!3枚も...なんて驚いている私。
お話しをしていると彼女はシャンソン歌手でした。
このスカーフをフワリと肩にかけてパリで歌ったのでしょう...私の妄想ですが...
一枚は残して2枚を額装することにしたのだそうです。
とても柔らかな色彩のエルメスですね。
アンティークなエルメスも素敵ですね。
「記憶を重ねる部屋」ってこんなことなのでしょう。
a0077203_18213245.jpg
今年のゴールデンウィークは休まず営業します。
一年で一番庭が気持ち良い時です。
素敵なアートに会いに来てくださいね。

2日(火)は定休日で休みです。

# by page-1h | 2017-04-28 18:43 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

注文の多い額装

ページワンはGWも休まず営業します。
2日の火曜日だけ定休日で休ませて頂きます。

ある日こんな額装が飛び込んできました。
吉田佐和子さんの小冊子を額に入れたいと...。
でも時々出して読みたい。
止めないで中に埋め込みたい...前から開いて...
わがまま一杯の、でも愛のある嬉しいリクエストでした。
a0077203_15222504.jpg
こんな感じになった。
a0077203_15222687.jpg
埋め込んで前から開いて...
a0077203_15222906.jpg
こんな風にBOXにして...
別珍のマットを貼って...
a0077203_15223066.jpg
アンティーク風に止め金具も付けて
a0077203_15223338.jpg
彼女はこんな注文もするのだ。
おばあさまの、むかしむかしの通信簿!
昔開いてあったように自然体に...
博物館みたいになった!
a0077203_15572931.jpg
これは違うお客様ですが下に台を付けて額装しました。
a0077203_15224818.jpg
なんと著者ご本人からの本でした。
これはシャガールで別の本を入れています。

本の額装は哲学とロマンがあって
素晴らしいインテリアなんだなと
しみじみとお客様とお付き合いをしながら感じます。




# by page-1h | 2017-04-27 15:49 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

大河ドラマ「おんな城主 直虎」のお帰りはページワンで

今年のゴールデンウイークは休まず営業します。
2日(火)は定休日で休みます。

5月のお休みは家の片づけという方も多いでしょうね。
暖かな季節は掃除もはかどります。
額装や絵のインテリアの相談などありましたら
ページワンにぜひお寄りくださいね。

a0077203_14210224.jpg
額に入れたいとずっと思っていたんですよ〜という方は
お休みにはページワンでのんびりしてくださいね。
ページワンで楽しんで壁がステキになって良い休日になります。

a0077203_14183146.jpg
旅の写真はまとめて額装しましよう。
壁に飾るために写真の整理をすると
インテリアにもなって楽しい思い出です。



# by page-1h | 2017-04-26 15:43 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

5月のゴールデンウィークは休まず営業します。

暖かな日が続いた土曜日と日曜日。
たくさんの方がページワンの裏庭でくつろいでいました。
はじめての方や懐かしいお客様もやっと柔らかになった日差しを
楽しんでいます。
アートを見たり額装を考えたり
暮らしを共有したり....
ギャラリーやフレーム工房や狭い階段を上がった小部屋や
うろうろ ワクワク やっぱりアートは楽しい
ということで5月のゴールデンウィークは休まず営業します。
遠方からのお客様も帰省の方もぜひページワンにお寄りくださいね。
5月2日(火)は定休日です。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」観光の帰りはページワンで!

a0077203_16370926.jpg
ページワンは庭と一体となったギャラリーです。
どこに座っても自然を感じます。

# by page-1h | 2017-04-23 16:50 | ページワン | Trackback | Comments(0)

むらかみみか

私たちにとって17年前は「むらかみみか」は無名の画家でした。
それが今はすっかりページワンの星になって
店を照らしている。

晴れた日はページワンの夜空に輝く星なのです。

a0077203_18054987.jpg
彼女のファンは多いのです。
皆様、みかさんを支えてくれます。
みかさんは遠くスペインのグラナダで芸術活動をする画家です。
思えば奇跡とも思える彼女との出会い。
今ではページワンから夜空の無数の星のように
日本中のお客様の壁で輝いています。
a0077203_18091804.jpg
「大地のかけら」
a0077203_18092157.jpg
「羊をかぞえて」
a0077203_18093937.jpg
「永い旅」


ページワンで「むらかみみか」の作品に出会って
深い夜空で幸福感に浸ってください。

# by page-1h | 2017-04-20 18:27 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

ドイツのおもちゃを額装

ドイツの聖歌隊のオモチャを額装しました。
置物かな..高級玩具のような気もする...
お客様はこれを見た時ページワンで額装をしようと
思って買われたそうです。
そうです!ページワンは何だって素敵に額装します。


a0077203_18071659.jpg
聖歌隊ですから舞台を作らなくては...。
意外に存在感があるので試行錯誤しました。
a0077203_18071433.jpg
額はページワンにあった厚みのない本縁です。
それに厚みを付けて布を貼りました。
バックは麻です。

a0077203_18072126.jpg
額の上に窓をくり抜いて作りました。
a0077203_18072389.jpg
上に窓があるので自然光が入ります。
夜は自然な電気光が入って
壁に掛けるとほんわか明るい。
ホラ...美しい歌声が聞こえそうですね。


# by page-1h | 2017-04-19 18:18 | 額装 | Trackback | Comments(2)

日本は素晴らしい!エルメスのスカーフ

このスカーフはエルメスのスカーフで
遠方のお客様より額装依頼で送られてきました。
スカーフの素晴らしさに感動しました。
私の写真ではこの美しさは表現できなくて残念です。
フランスで制作されたエルメスが日本の甲冑とは....
日本とはフランス人から見たらこんなに高貴な文化に見えるのでしょうか....。
誇りを感じますね。

a0077203_18241831.jpg
世界中のエルメスファンに褒めてもらえるような
ページワンの額装にしたいと雪絵さんも興奮していました。
このフレームはイタリア製です。
今年の春の新作コレクションです。
イタリア発のフレームがフランスのエルメスを包む。
そして日本の5月の壁に飾られる。

a0077203_18135131.jpg
奥行きにある立ち上がりの内側は鏡面仕上げになっています。
この額装でお客様が喜んでくださり又雪絵さんに必ずお願いしたいと
メールをくださったのが一番の幸せでした。


# by page-1h | 2017-04-17 18:45 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

「バーバー ブルク」開店!

ページワンの前の交差点の向こうに「カミヤ」という
理容店があります。
そこに及川君というスタッフがいて
毎日朝早くから店のウインドーをピカピカに磨いている様子を
私の店から見ていました。
カミヤさんで働いてもう19年。
そして独立するのです!
新しい店に先生から頂いたバリカンを飾りたいと額装に来られました。
a0077203_17484653.jpg
店の名前はバーバー ブルク(BERBER BURG)
ドイツ語で城という意味なんだそうです。
華やかではなく歴史を刻んだような額装が希望でした。
a0077203_17484868.jpg
カミヤさんでの19年。
結婚もしてお子さんも2人。
主人が先日カミヤさんに行ったら
先生が少し寂しそう...そして
「今頃の若い子で独立は珍しい。成功は間違いなし」と
言われたそうです。皆幸せですね。
主人も及川君のいない店はとても寂しいそうです。


# by page-1h | 2017-04-16 18:12 | 額装 | Trackback | Comments(2)

凧の額装

大河ドラマの「女城主直虎」が浜松の舞台になったことで
今年の「浜松祭り」は一層盛り上がることと思います。
祭りが近くなると凧の額装に来られるお客様が多くなります。
5月の節句に飾ったら素敵だからです。
浜松ならではの仕事ですね。
a0077203_16375187.jpg
凧の一部を切り取って竹は残したまま額装します。
竹を抜いて額装することもあります。
飾る所を考えて大きさや額を決めます。
a0077203_16521489.jpg
凧あげで破れてしまった凧も
雪絵さんに任せれば何だって大丈夫。



# by page-1h | 2017-04-15 16:53 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

シャガールのオペラ座

ページワンの主人は通称シャガール叔父さんと呼ばれ
シャガールのことはとても詳しいです。
いろいろ珍しいコレクションをしています。
今ページワンではパリのオペラ座の下絵の特集をしています。
特に写真のようなデッサンをリトグラフに複製した作品は貴重品であり
素晴らしいです。
パリのオペラ座にはシャガールが制作した「夢の花束」という天井画があります。
そこには12人の音楽家とバレエ作品やパリの風景が描かれています。

a0077203_15122914.jpg

この作品はモーツアルトです。
額装もクラシカルですてきでしょう....
額職人が作った本縁額です。
このようなデザインの額は少なくなりました。
この額装がお部屋にあったら良いですね。
モダンなシンプルなインテリアでもオブジェ的な古典額があると
雰囲気が出ますね。
a0077203_14374290.jpg
シャガールオペラ座の下絵 51cmx43cm(額の外回り)
この額に入れて¥33,480


# by page-1h | 2017-04-14 14:53 | アート | Trackback | Comments(0)

カンディンスキー

私は1987年に東京でカンディンスキー展を見ました。

抽象画を見て感動したのははじめてだったかもしれません。

写真のカンディンスキーは先日雪絵さんがパリで仕入れました。


カンディンスキーはモスクワで生まれました。

純粋抽象画の創始者です。

モスクワ大学で法律、政治・経済を専攻しまたが30歳でミュンヘンに移住し

クレーらと共に絵画を学びます。

1910年に最初の水彩による抽象画を完成した巨匠です。

モスクワ美術学校「バウハウス」の教授を勤めたことでも有名ですね。

この作品は1960年に制作されたものです

デリエール・ル・ミロワールはパリに画廊を開いたエメ・マーグによって

1947年から1982年まで253号まで発行されました。

大きな特徴はこれらには特集されたアーティストのオリジナル版画が入っていることです。


この作品は額装もすてきでしょう....。

今思えばもうこの頃のリトグラフ(石版画)は復元できないと思います。

前に立つと、ほのぼのとした美しさを感じます。

a0077203_17355290.jpg
デリエール・ル・ミロワール 1960年制作
カンディンスキー額装 額の外回りが約60cmx50cm ¥48,600


# by page-1h | 2017-04-13 18:08 | アート | Trackback | Comments(0)

子供の絵の額装大忙し。

お子様の絵の額装を受け取りに来られる時
お子様も一緒だととても嬉しい。
つい可愛い子供たちと絵のお話に夢中になってしまうのです。
春休みも終わったけれど今日もお子さんの絵で店中が賑やかになりました。
a0077203_19075945.jpg
これはクリスマスの版画。
お父様が額を選ばれたのですが
「わたしはもっと可愛いのが良かったな...」って
「ろうそくやツリーがキラキラしているゴールドが素敵だろ」って
パパが説明。だってこれはパパの仕事場に飾るのだそうです。
幸せな家族物語。
a0077203_19063456.jpg
子供は色の引き算をしない。
思うままの自分でいるんだね。
a0077203_19061946.jpg
私が靴下の街かなって言ったら
これは手袋だって。
失礼..そうなんだ楽しそうだね。
a0077203_19062776.jpg
「以前ね上の孫の絵を額装したんですよ。
だから下の子もね。」
良いですね。どこに飾るんでしょう...
どんな名画にも負けないと私は本当に思う。

# by page-1h | 2017-04-09 19:23 | 子供の絵 | Trackback | Comments(0)

アルファベットの刺繍

主人に、とても良いから見て!と言われました。
額装も特に気に入ったようでした。
アルファベットが白の糸でステッチされているのですが
シンプルで美しい。
私も刺繍して自宅に飾ったら喜ばれるかな~
なんて思ったけれど無理...無理。
装飾のある真っ白な額に細いアンテーク風な面金をマットの切り口に入れています。
お客様も絶賛されていました。
嬉しいです。
a0077203_11133672.jpg
作業台の木漏れ日の下で撮りました。

# by page-1h | 2017-04-05 11:21 | 手芸 | Trackback | Comments(0)

子供の絵の額装

お子様の絵はおばあちゃんが持って来られたりもします。
「私も昔息子の絵を額装したかったな」
という後悔もあるようです。
お孫さんの描いた絵を額に入れて大喜び。
幸せっていろんな所にあるんですね。

a0077203_17062850.jpg
a0077203_17063633.jpg
a0077203_17062456.jpg
お子さんの絵を額装する時はぜひご家族で来て欲しいです。
外のベンチで記念撮影をしてお子さんも得意顔です。
a0077203_17062738.jpg

# by page-1h | 2017-04-03 17:13 | 額装 | Trackback | Comments(0)

お子さんが描いた絵

3学期が終わると、たくさんの絵を抱えて、お子さんが帰って来ます。
卒園のお子様も幼稚園時代の絵が大集合。
さてこの絵達....どうしょうかと一瞬思いますね。
このままスクラップしても、ずっとそのまま見ることもなく時が過ぎます。
今はそう思わなくても、これらは我が家の大切な名画なのです。
ぜひページワンで額装して思い出を作ってくださいね。
今すぐ額装してください。そして....
家の一番素敵に見える所に飾りましょう。
a0077203_18330668.jpg

a0077203_18333503.jpg

a0077203_18332937.jpg
a0077203_18332161.jpg

# by page-1h | 2017-04-02 18:42 | 額装 | Trackback | Comments(0)

旅行のお土産額装

毎年バリ島に家族で旅行するお客様がいます。
旅先では絵を一枚買うのを楽しみにしているそうです。
それで毎年ページワンに額装に来られます。
いつも驚くような額に入れます。
それが実に楽しそうなのです。
お家の中には怪しげなアートでいっぱいだとお嬢様が言っていました。笑
a0077203_12281931.jpg
この額装はフレームを2個使っています。
幅広のモールと細い額を重ねています。
a0077203_12282137.jpg
暮らしにゆとりがありますね。



# by page-1h | 2017-03-16 12:36 | | Trackback | Comments(0)

ウエディング・リングピロー

結婚式の指輪交換までに、お二人のリングを置く台なのだそうです。
きっとこれは結婚のお祝いなのでしょう。
お母様の手作りなのだと思います。
もしかしたらピローは、お二人にしか見えないものかもしれませんね。
でもこのリングピローがあったら心から幸せを感じることでしょう。
幸せ演出の影の功労者です。


a0077203_18511128.jpg
結婚式が終わったら額装を依頼くださいました。
a0077203_18510798.jpg
この額装が新居を飾ったら素敵でしょう。
a0077203_18511180.jpg
お子さんが生まれたらこの前で記念撮影ですね。


# by page-1h | 2017-03-15 19:05 | ウエルカムボード | Trackback | Comments(0)