和室に絵を飾る

和室をリフォームしたというお客様でした。
床の間は無くしたのですが
イメージをモダンな和の雰囲気にしたいということでした。
インテリアに絵の影響は大きいですね。
お客様はとても悩んでいました。

でもこの作品「照葉」を見て胸が騒いだようです。
白駒一樹さんの木版画です。
白駒さんは千葉の九十九里の海辺で静かに暮らしています。
庭に木々が繁り光が差しているだけで
幸せを感じているような素朴な画家です。
a0077203_12314410.jpg
額装も皆で悩みましたが
掛け軸の感じを残しました。
とても素敵になりました。
白駒一樹の版画がページワンにあって良かったと
思いました。

# by page-1h | 2017-08-07 12:13 | インテリア | Trackback | Comments(0)

一目会ったその日から....

遠方のお客様でした。
東京に来られたついでに途中下車をしてくださいました。
連絡を頂いていたので心待ちしていました。
お会いして楽しかったです。
その日来店のお客様たちに「彼女は遠くから来られたんですよ〜」と
自慢して紹介しました。
するとページワンのお客様は
皆「浜松にようこそ」と言ってくださいます。
ずっと居たら良いのにと...心から思っていました。

a0077203_13372826.jpg
ページワンにご来店のお客様は「むらかみみか」に
魅せられます。
この作品は「エル ビエント デルスール」日本語で南風です。
お写真を後で送って頂いたのですが
この窓から南風が幸せを運んで来ます。
a0077203_13373764.jpg
お嬢様のお部屋ですね。
メールを頂きましたので紹介します。
今日、絵が届きました。

ドキドキしながら、梱包を解きました。

息を呑みました。

本当に素晴らしいです。

早速、飾りましたよ。

今、まさに私の部屋に南風が吹いています。

額装も素晴らしかったです。

華やかだけど、派手ではなくて、軽やかです。

この絵の女性にぴったりですね。

浮かせた飾り方も良かったです。

部屋の壁紙にもよく合っています。

また、逸見亜古さんの絵の可愛らしいこと♪♪

額もそれぞれの部屋の雰囲気に合っていて、

思った以上に素敵になりましたよ。

我が家に来てぜひ見て頂きたいです。」

a0077203_13373984.jpg
そう...逸見亜古さんの作品も買っていただきました。
全ての部屋の壁紙が個性的です。
良いなぁ。壁紙の常識が変わりますね。
a0077203_13374151.jpg
友、遠方から来ると言いますね。
初めてお会いしたのですが
これがご縁でしょうか....あの日偶然にお会いして話した
お客様の、母息子、カメラ女子、教師....etc の方々
皆家族になった気持ちがしています。

# by page-1h | 2017-08-03 14:38 | | Trackback | Comments(0)

額の交換をしてみたら...

ページワンが32年以上額の仕事をしていて思うのは
やはり額装にも流行がありますね。
建築にも大きな変化がありますし
インテリアデザインも変わっています。
額の交換に来られる、お客様が多くなりました。
絵を保存するためにも、とても良いことです。


a0077203_15432530.jpg
ベニスを描いた油絵は昔イタリアを旅した時の、お土産だそうです。
家のインテリアに合わせてシックな茶のフレームに交換しました。
元は下の写真のゴールドの額装でした。
a0077203_15432875.jpg
このフレームが空きましたので....横にして
今までテーブルセンターにしていた
川島織物の天平華紋を額装を元のフレームに入れてみました。
マットを入れて面金をしたら素敵なインテリアになりました。

# by page-1h | 2017-07-30 16:16 | インテリア | Trackback | Comments(0)

リルケを想う

これは「むらかみみか」の「詩節」という作品です。
みかさんはこの作品を音楽のシリーズを製作した時に描きました。
鈴の中にロバの親子が歩いています。
ロバなのかは勝手に思っているだけですが
彼女が想い口ずさむ詩はきっと「リルケ」なのだと....
私は思う。
過去と今が映り合って作品になっていくのだろうと...。

a0077203_19014587.jpg
「詩節」を買ってくださったお客様宅にお取り付けに伺いました。
じゆらく壁で上手に付けることが出来るのか...お客様はとても気にしていました。
心配はいりません。どんな壁でもページワンにお任せくださいませ。
和風の雰囲気に「むらかみみか」がしっくりしています。

a0077203_19014855.jpg
作品よりマットを少し広めにして下に灰緑の台紙が見えます。
額も新作でとてもすっきりしています。
a0077203_19015130.jpg
この作品は「言葉のかくれんぼ」という題です。
先日お取り付けをした作品です。
「詩節」よりは作品が浮いていません。
インテリアや好みに合わせてフレーミングを決めます。
a0077203_19014152.jpg
「言葉のかくれんぼ」について以前みかさんが私に話したことがあります。
「リルケの詩を読んで描いた.....」
この言葉がいつも私の中にあってみかさんの作品を見てしまいます。
「むらかみみか」の絵の背景にはいつも「詩節」があるようだと。




# by page-1h | 2017-07-22 19:29 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

ブローチの額装

とても素敵なマダムがブローチを額に入れたいと来られました。
若い時に買ったのだそうです。
高価なものだったけれど今では
いつかお孫さんに贈る大切なものになって
本当に良かったな...と言っておられました。
それまで額装して眺めようかということです。
a0077203_18113692.jpg
少し緊張してしまいました。
この宝石が美しく輝くように
華やかな中に気品があるように....
マダムの胸元にあるかのように幸せに包まれるように...
お見せした時にフワッと明るい笑顔が嬉しかったです。



# by page-1h | 2017-07-17 18:25 | 額装 | Trackback | Comments(0)

絵のある生活を楽しむとは...。

額装に来られた時玄関の写真を携帯で見せて頂きました。
先日、白駒一樹さんの版画を買ってくださったお客様です。
ぜひ私にこの写真をメールしてくださいと頼みました。
それがこの写真です。
夏の庭をカタツムリが遊んでいます。
すごく気に入って衝動買いのような感じでした。
家に帰って飾ってみても素敵だったそうです。
絵はインテリアに合わせなくては...と気負って悩むお客様が多いですね。
わたしも家の家具や色をお聞きして余計に悩ませることがあります。
「絵の楽しむ生活」は「好き」が一番ですね。

a0077203_18502006.jpeg
版画を買われて2回目の、ご来店は油絵を2点額装依頼でした。
まだ出来上がっていませんが、こんなメールを頂きました。

もともと旅先で気に入った絵や額を
自分たち用のお土産にするのが好きだったのですが、

家を建ててからというもの

家に合うものを買うという感じに思い込んでいたようです。

そんなつもりはなかったのですが

ページワンさんに伺って

お店の雰囲気に触れて、気がつきました。

自分が好きなもの、持っているものを

家に馴染ませていけばいいんだなあ・・・と。

そう思って、大昔に新婚旅行で買った思い出の

絵の額装をお願いした次第です。」





# by page-1h | 2017-07-13 19:04 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

猫ざんまい

「七夕に間に合いました」って昨日上砂理佳さんから
新作が送られてきました。
「宵宮花火」というタイトル。
上砂さんの大好きなものが楽しく詰まった
夏祭りと猫ちゃんです。
上砂さんは「昔日本」も好きなんですね。


a0077203_16221653.jpg
花火はもう始まったのに彼はまだ来ないニャ〜
と愛猫と話してるのでしょうか?
a0077203_16222596.jpg
そんなに大きくない作品です。
額寸27cmx33cmくらい
a0077203_16222720.jpg
この作品は「コマチ猫ざんまい」
上砂さんの猫はコレクターがいますね。
とても可愛い!


# by page-1h | 2017-07-07 17:13 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

美しい刺繍の額装

家の中に飾るものには、様々なシーンがありますね。

実は私の友人ですが春に妹さんを亡くしました。
遠方にお住いでお会いしたことはないのですが
針仕事がお好きだったといつも友人が言っていました。
友人が美しい刺繍を持って来ました。
最後に大好きなお姉さまに素敵な贈り物でした。
明るくて綺麗で弾むような作品。
私の大好きな友人の心が少しでも癒されることが嬉しくて
額装の仕事をさせて頂き本当に良かったです。
a0077203_18595357.jpg


# by page-1h | 2017-07-06 19:17 | 額装 | Trackback | Comments(2)

初夏のページワンにようこそ

ギャラリーや額縁店というのは
どこの街にもあって時間が出来るとふらりと
寄ってみる店のことだと思います。
華やかな個展がなくても
雨が降っていても
気分が落ち込んでいても
ページワンに寄れば嬉しい気分になれると思います。
a0077203_18121073.jpg
店にある絵を見て頭の中がスッキリすると思います。
知らなかった画家でも
ポストカードでも小さな額達だって
量産されたものではなく何処にもない
ページワンだけのものだからです。
a0077203_18121387.jpg
店の前を通ったら
ぜひお寄りください。
大袈裟ではなく小さな旅が始まります。
私と話したりシャガール好きな主人と話したり
カウンターにいるフレーマーの雪絵さんと話したり
新しい世界があるかもしれない。
a0077203_18145338.jpg
裏庭の奥には大きな楠が茂り
榎が茂り
葡萄棚の下の木漏れ日は初夏ならではの清々しさです。


# by page-1h | 2017-06-29 18:31 | 浜松 | Trackback | Comments(0)

下諏訪に行ってきました。

2時に伺います...と約束して
火曜日の定休日に下諏訪にあるハーモ美術館に行ってきました。
ここは「グランマ モーゼス」「アンリ ルソー」のコレクションで有名です。
とても素敵な美術館です。
そこの一角で「平野喜久子版画展」が開催されています。
平野喜久子氏は浜松出身で1956年に東京学芸大学に入学し
その後27歳で亡くなるまで制作をした版画家です。
a0077203_16211293.jpg
平野喜久子氏に今、光を当て発掘した方は
下諏訪の近くに在住の浦野尚子さんです。
ハーモ美術館主催にまでにした浦野さんのプロデュース力には
深く感銘しました。
丁度伺った時は取材を受けていました。
a0077203_16303635.jpg
ハーモ美術館ホームページより
諏訪湖湖畔の素敵なロケーションです。
a0077203_16212855.jpg
彼女なりに今までの成り行きや
平野喜久子さんが偉大な芸術家であったかをまとめていました。
私達の顔を見ると、これ以上ない笑顔で迎えてくれました。
「私泣いてしまうワ〜」なんて感激してくださいました。
a0077203_16212550.jpg
観覧者が来られると
ひとつひとつ説明されています。
お声がハスキーになっていました。
旅人は皆満足そうに、うなずき笑顔でした。
「おもてなし」とはこういうことですね。
私もそうしたいです。
a0077203_16250711.jpg
a0077203_16213109.jpg
お別れに記念撮影。
諏訪には又伺います。
「平野喜久子版画展」
下諏訪ハーモ美術館で7月9日までです。
もし行かれたらページワンのことを話してくださいね。

# by page-1h | 2017-06-28 17:02 | | Trackback | Comments(0)

ページワンの額装パリへ行く

ページワンってすごいなぁ〜って思います。おとうさん!
朝の連ドラ「ひよこ」に影響されました。失礼

ビーズアクセサリーのアーティストがページワンに来られました。
何とパリの展示会に出品するのだそうです。


a0077203_18130474.jpg
張り切ってしまいますよね〜
a0077203_17080472.jpg
この額縁ならフランス人もびっくりですね。
セシボン〜ってね。
a0077203_17075883.jpg
緊張してます。
私も一緒にパリにいきたいなぁ
でも最高の仕事が出来て幸せ。
ご成功を祈ってます。



# by page-1h | 2017-06-23 18:37 | 額装 | Trackback | Comments(0)

「平野喜久子」と「浦野尚子」の出会い

私が主人とふたりでページワンを開店して
もう33年目に入っていますが
ページワンとは人と人の繋がりだと...
それだけで、やって来れたと月並みなことを思います。

昭和41年当時将来に光を放つだろうという一人の版画家が
27歳で病死しました。
その画家「平野喜久子」は千葉在住で浜松の出身でした。
母親が亡くなり遺品である作品に陽が当たり
浜松で小さな美術館を作ったのが2009年の夏でした。
ご家族と仲の良かったページワンはその額装を任されたのです。
でもその後小さな美術館は都合で閉館されていました。
a0077203_16060248.jpg
2016年春、息子さんが入学されて訪れた千葉市の
大学近くの古本屋でゴーギャンの本を買われたのが
長野県諏訪湖畔の街に住む浦野尚子さんです。
本の裏表紙に「平野喜久子蔵」と記されていて
ネット検索でページワンのブログに繋がったのです。

そして浦野尚子さんは「平野喜久子」に感銘して
氏のことを詳しく調べ浜松在住の家族とも連絡をとり
下諏訪の「ハーモ美術館」で6月24日から
平野喜久子版画展を開催することになったのです。
浦野さんの情熱は計りきれません、
その、ひたむきな努力と美術に対する優しさに私は感動しました。

昭和の版画界の彗星になった平野喜久子氏...
私も鑑賞してまた紹介したいと思っています。
a0077203_16060570.jpg



# by page-1h | 2017-06-19 16:42 | アート | Trackback | Comments(0)

玄関に水彩画

玄関に水彩画を掛けたいと
よくお客様に言われます。
それも美しい花が良いと...
神坂智世実さんの水彩画をお見せすると
大満足です。
そうそう...こんな感じ.....
そしてたくさんのコレクションをお見せして
お互い楽しい時間を過ごします。
今水彩画がとても人気です。
儚くて優しく...ひとつだけの宝物。
a0077203_18491349.jpg
ミモザ

a0077203_18492897.jpg
小鳥のさえずりと共に
a0077203_19011735.jpg
数年前の写真ですが神坂さんらしいので..
気取らず素朴で可愛い...
夏のページワンで。

# by page-1h | 2017-06-16 19:03 | インテリア | Trackback | Comments(0)

ハンカチーフの思い出

息子さんは20歳。
バイトのお金で買ったハンカチーフを母の日にいただいたそうです。
私がこのような体験をしたら絶対額装します。
夢のような出来事だからです。

以前からのお客様ですが
今年の5月の連休にもご主人と遊びに来てくださいました。
横浜にお住いです。

先日ハンカチーフが送られてきました。
a0077203_16283207.jpg


メールと写真を頂きましたので紹介!

先ほど 額装されたハンカチが戻って来ました(╹◡╹)♡
とっても上品な感じで とっても素敵ですね‼︎
嬉しいです‼︎
何度もメールで希望を聞いていただき
こんなに素敵に仕上げて頂いて
本当にありがとうございましたm(._.)m
早速まずリビングのいつもシャガールを
飾っているところに掛けてみてから
私の部屋に納めました。
写真撮ってみましたので送らせていただきます。
ページワンで額装して頂いた絵が少しづつ増えています。
楽しいですね。」
a0077203_17150518.jpg
ページワンの窓辺でも写してみました。
フレームはマットな白の額に
シルバーの小さなドットがアクセントです。
私もプライベートでよく使う額装です。
a0077203_16283461.jpg
息子さんも照れながら喜んでくれますね。



# by page-1h | 2017-06-10 16:57 | インテリア | Trackback | Comments(0)

面白いから額装してみよう。

お客様のご依頼品です。
小さなぬいぐるみみたいなアートです。
どんなアーテストの作品なのでしょうか...
不思議な感じすらします。
どこで手に入れたのでしょうか。
玄関に飾るそうです。
これはオズの魔法使いですね。
店のテーブルに置いておくといろんな方が
雰囲気出てますね!と言います。
a0077203_16501092.jpg
これに出会った時、額に入れようと思ったお客様はすごい!
生活を楽しんでいますね。
a0077203_16532310.jpg
もうひとつフェルメールがありました。
これも特徴とらえています。
自然に笑えてしまうのですが...。
a0077203_16124457.jpg
フレーマーの雪絵さんが言うには
面白がって本当の名画のように大げさな額に入れたのが
良いんだから!って
a0077203_16505333.jpg
「オズの魔法使い」はバックを黄色にして
素晴らしい現代アートになりました。
誰でもフト思うのです。
「これは額に入れてみよう!」って
大正解。




# by page-1h | 2017-06-07 16:45 | 額装 | Trackback | Comments(0)

旅とインテリア

人生は旅と同じだと言います。
旅の話しをすると心が開かれます。
旅から帰ると何らかを額装に来る方がいます。
彼女に会うとワァ〜っと楽しくなって
又いつ会えるのかな〜と考えて恋人のような気持ちです。
どんな暮らしをしているのか...どんなインテリアなのか...
額を飾ったら写真撮って見せてください...と頼んでみました。
そしたらメールを頂きました。
トルコや中東、インドetc やはり旅は最高のカンフル剤だね。
a0077203_17475973.jpg
「部屋の写真はこのような感じでよろしいでしょうか。
あまり広く写すと私のズボラさ加減が分かってしまうので...。
ページワンの雪絵さんのフレームには愛がありますね。
しあわせな気持ちになります。
どんなに高価なインテリアを買って飾るよりも
ページワンで額装してもらったり
ページワンで出会える絵や写真を飾る方が
生涯楽しめるのに!と思います。
額装されるものが一番ステキになるような額装…
素晴らしいです。」

素敵な表現のメールです。
ありがとう。
やはり旅は私の人生だ。
でも僕もしあわせの額装してるよって
横で主人がひがんでいますが...。




# by page-1h | 2017-06-05 18:05 | インテリア | Trackback | Comments(0)

赤いペガサスのエルメス

赤いペガサスのスカーフが送られてきた。
エルメスのスカーフでペガサスはいろんな色がありますね。
ご依頼のお客様は男性でした。
飾る予定のエントランスの壁の色とか..しつこくお聞きしてしまいました。
シンプルな方が良いと言っていました。
それはスペースが無いのかご趣味がシンプルなのか...
誤解がないよう考え尽くします。
a0077203_15533958.jpg
何回もメール交換していると
お互い解らなくなってきます。
でも突然ひらめくものです。
このフレームしかないと思いました。
そして繋がった!
a0077203_15534378.jpg
奥様もとても喜んでくださったと
写真を送ってくださいました。
ほんとうにこのスカーフに似合います。
象牙のような...内側にドットがあって華やかで
シンプルスタイル。
玄関に美しい赤。
エルメスの色ですね。


# by page-1h | 2017-06-02 18:41 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

初凧の額装

5月も、もう終わり...
浜松っ子の胸は何だか寂しいね。
祭りの喧噪がもう遠雷のような気がして
でも、もう一年頑張ろうって思うんですよね。

今年「初子」だったお家は最後の楽しみが待っています。
「やっぱ凧は額に入れとかんとダメになっちゃうに〜」

a0077203_18214315.jpg
ということでページワンに来られます!
湾曲した凧を真っ直ぐにして.....
伝統の凧を現代アートのように額装して
インテリアにしてしまいます。



a0077203_18214915.jpg
なるべく薄くして
立体ですがシンプルにまとめるのがプロの技です。
a0077203_18215420.jpg
凧を手にすると心が弾みます。
a0077203_18214778.jpg
凧は縁起ものです。
そして雪絵さんも凧を手にすると
大はしゃぎです!
彼女は2人の男の子の母ですから...




# by page-1h | 2017-05-27 18:37 | 凧の額裝 | Trackback | Comments(0)

内田新哉

内田新哉さんの「ハーブルーム」
とても懐かしい、お客様が先日訪ねて下さいました。
昔..もう25年以上前だけどページワンに居たページという犬と娘が
撮った写真があると言っておられました。
そしてこの絵を選んでくださいました。
今日そのお嬢様とページワンに来てくださいました。
私は「アルプスの少女ハイジが大人になった時こんな部屋にいるかもしれない」
と内田新哉さんが言っていたのを思い出した。
何とお嬢様は今薬剤師なんだそうです。
お母様はそれを思ってこの絵を買ったのだろうか。
a0077203_19045998.jpg
ハイジは子ヤギのユキちゃんを助けるため
懸命に薬草を集めたように無垢な優しい心は
またひとつの命を救っている。

幼い時の彼女の面影を感じながら
裏庭でお茶をしました。
おおげさにロマンチックな気持ちになった私は
彼女が眩しかった。

# by page-1h | 2017-05-21 19:04 | 内田新哉 | Trackback | Comments(0)

母の日のプレゼント

明日は「母の日」
先日とても良い事がありました。
お客様でもある永い友人がいるのですが
彼女のお嬢様がご主人と小さなお子様とでページワンに来られました。
「母が60歳になるのでお祝いの贈り物をしたいのです」と...。
母から子へと絵のお好きなファミリーは繋がります。
とても嬉しい瞬間ですね。
この絵「ママズキッチン」は子供達が小さかった時のことを思い出します

a0077203_14331652.jpg
「母はいつもキッチンにいて私達のためにお料理を作ってくれました」
「母は料理好きだし一緒に作ったりケーキも焼いたり....」
とお話しは尽きません。
友人は誠実でまさに、そのような人です。
今ではお孫さんも一緒で絵のような家庭なのですね。
何だかちょっと羨ましくなってしまいました。


a0077203_14331933.jpg
こんな親子の絵もあります。
むらかみみかさんの友人のエスペランサさんの作品です。
スペインの大地を思う色彩ですね。
「母馬と子うま」額装¥30,000
「Mama's Kitchen」額装して¥20,000から¥22,000くらいまで

# by page-1h | 2017-05-13 15:32 | 上砂理佳 | Trackback | Comments(0)

書を見る

2日(火曜日)は定休日でお休みします。
3日より8日まで休まず営業します。
GWはページワンで楽しくお過ごしくださいね。

裏庭に面した小さな部屋があります。
パソコンや小さなテーブルがあって資料棚があったりします。
そこに播磨鉄牛先生の小さめの書を16点展示しました。
先生は額にこだわります。
小さな部屋ですがゆっくり座って眺めてくださいね。
太宰治の「パンドラの匣」など良いです。

a0077203_18535402.jpg
a0077203_18535478.jpg
家の中に気に入った書があると素敵ですね。
a0077203_18535467.jpg
先生は欲がないので作品はとてもお安くて気軽です。

# by page-1h | 2017-05-01 19:02 | | Trackback | Comments(0)

ゴールデンウィークはのんびりと。

いつも豊橋から額装に来てくださるお客様。
今日はページワンの裏庭でお茶をご一緒していただきました。
豊橋のお花屋さんの話や食べ物の話...映画の話などなど
楽しかったな。
休日だから、のんびりギャラリーで主人と話し込んでいました。

a0077203_18534739.jpg
映画「ララランド」を4回観たそうです。
a0077203_18534932.jpg
GWはぜひページワンでお過ごしくださいね。

# by page-1h | 2017-04-30 18:59 | 休日の過ごし方 | Trackback | Comments(0)

絵を探してみたいと思いませんか?


県外から来られるお客様のお問い合わせが多いのでお知らせします。
バスは駅前バスターミナルの1番から出るバスに乗って「鹿谷町南」で降りてくださいね。
「浜松美術館前」の次のバス停です。
バスを降りて対面にページワンが見えますので店の前の横断歩道を渡ってくださいね。
バス案内

休日...時間ができて何をしようか?と
思うことありませんか...。
そんな時アートを見るっていうのはいかがでしょうか。
何を見るという目的もなく
美術に詳しいわけでもなく
ただ非日常の見たこともないものを探しに行く。
それがページワンです。
a0077203_13262509.jpg
ギャラリーなのに個展をしていることもなく
案内状を見たわけでもなく
コンビニに寄るようにフラリと立ち寄る店。
a0077203_13262166.jpg
a0077203_13263052.jpg
気持ちの良い庭があり椅子があり
画集があり
額装の工房がある。
a0077203_13262745.jpg
まだ一度もページワンに来たことのない人も
思い出の中にある人も
ページワンに来たら脳が癒されます。
ゴールデンウィークはぜひページワンへ...
駐車場も3件先にあります。


# by page-1h | 2017-04-29 13:38 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

「記憶を重ねる部屋」

朝、雪絵さんが雑誌「BRUTUS」を買ってきました。
表紙に「記憶を重ねる部屋」と書いてありました。
インテリアに額がいっぱいの特集でした。
素敵なコピーに感激。

昔パリで3枚のエルメスを買われたそうです。
すごーい!3枚も...なんて驚いている私。
お話しをしていると彼女はシャンソン歌手でした。
このスカーフをフワリと肩にかけてパリで歌ったのでしょう...私の妄想ですが...
一枚は残して2枚を額装することにしたのだそうです。
とても柔らかな色彩のエルメスですね。
アンティークなエルメスも素敵ですね。
「記憶を重ねる部屋」ってこんなことなのでしょう。
a0077203_18213245.jpg
今年のゴールデンウィークは休まず営業します。
一年で一番庭が気持ち良い時です。
素敵なアートに会いに来てくださいね。

2日(火)は定休日で休みです。

# by page-1h | 2017-04-28 18:43 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)

注文の多い額装

ページワンはGWも休まず営業します。
2日の火曜日だけ定休日で休ませて頂きます。

ある日こんな額装が飛び込んできました。
吉田佐和子さんの小冊子を額に入れたいと...。
でも時々出して読みたい。
止めないで中に埋め込みたい...前から開いて...
わがまま一杯の、でも愛のある嬉しいリクエストでした。
a0077203_15222504.jpg
こんな感じになった。
a0077203_15222687.jpg
埋め込んで前から開いて...
a0077203_15222906.jpg
こんな風にBOXにして...
別珍のマットを貼って...
a0077203_15223066.jpg
アンティーク風に止め金具も付けて
a0077203_15223338.jpg
彼女はこんな注文もするのだ。
おばあさまの、むかしむかしの通信簿!
昔開いてあったように自然体に...
博物館みたいになった!
a0077203_15572931.jpg
これは違うお客様ですが下に台を付けて額装しました。
a0077203_15224818.jpg
なんと著者ご本人からの本でした。
これはシャガールで別の本を入れています。

本の額装は哲学とロマンがあって
素晴らしいインテリアなんだなと
しみじみとお客様とお付き合いをしながら感じます。




# by page-1h | 2017-04-27 15:49 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

大河ドラマ「おんな城主 直虎」のお帰りはページワンで

今年のゴールデンウイークは休まず営業します。
2日(火)は定休日で休みます。

5月のお休みは家の片づけという方も多いでしょうね。
暖かな季節は掃除もはかどります。
額装や絵のインテリアの相談などありましたら
ページワンにぜひお寄りくださいね。

a0077203_14210224.jpg
額に入れたいとずっと思っていたんですよ〜という方は
お休みにはページワンでのんびりしてくださいね。
ページワンで楽しんで壁がステキになって良い休日になります。

a0077203_14183146.jpg
旅の写真はまとめて額装しましよう。
壁に飾るために写真の整理をすると
インテリアにもなって楽しい思い出です。



# by page-1h | 2017-04-26 15:43 | 暮らし | Trackback | Comments(0)

5月のゴールデンウィークは休まず営業します。

暖かな日が続いた土曜日と日曜日。
たくさんの方がページワンの裏庭でくつろいでいました。
はじめての方や懐かしいお客様もやっと柔らかになった日差しを
楽しんでいます。
アートを見たり額装を考えたり
暮らしを共有したり....
ギャラリーやフレーム工房や狭い階段を上がった小部屋や
うろうろ ワクワク やっぱりアートは楽しい
ということで5月のゴールデンウィークは休まず営業します。
遠方からのお客様も帰省の方もぜひページワンにお寄りくださいね。
5月2日(火)は定休日です。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」観光の帰りはページワンで!

a0077203_16370926.jpg
ページワンは庭と一体となったギャラリーです。
どこに座っても自然を感じます。

# by page-1h | 2017-04-23 16:50 | ページワン | Trackback | Comments(0)

むらかみみか

私たちにとって17年前は「むらかみみか」は無名の画家でした。
それが今はすっかりページワンの星になって
店を照らしている。

晴れた日はページワンの夜空に輝く星なのです。

a0077203_18054987.jpg
彼女のファンは多いのです。
皆様、みかさんを支えてくれます。
みかさんは遠くスペインのグラナダで芸術活動をする画家です。
思えば奇跡とも思える彼女との出会い。
今ではページワンから夜空の無数の星のように
日本中のお客様の壁で輝いています。
a0077203_18091804.jpg
「大地のかけら」
a0077203_18092157.jpg
「羊をかぞえて」
a0077203_18093937.jpg
「永い旅」


ページワンで「むらかみみか」の作品に出会って
深い夜空で幸福感に浸ってください。

# by page-1h | 2017-04-20 18:27 | むらかみみか | Trackback | Comments(0)

ドイツのおもちゃを額装

ドイツの聖歌隊のオモチャを額装しました。
置物かな..高級玩具のような気もする...
お客様はこれを見た時ページワンで額装をしようと
思って買われたそうです。
そうです!ページワンは何だって素敵に額装します。


a0077203_18071659.jpg
聖歌隊ですから舞台を作らなくては...。
意外に存在感があるので試行錯誤しました。
a0077203_18071433.jpg
額はページワンにあった厚みのない本縁です。
それに厚みを付けて布を貼りました。
バックは麻です。

a0077203_18072126.jpg
額の上に窓をくり抜いて作りました。
a0077203_18072389.jpg
上に窓があるので自然光が入ります。
夜は自然な電気光が入って
壁に掛けるとほんわか明るい。
ホラ...美しい歌声が聞こえそうですね。


# by page-1h | 2017-04-19 18:18 | 額装 | Trackback | Comments(2)

日本は素晴らしい!エルメスのスカーフ

このスカーフはエルメスのスカーフで
遠方のお客様より額装依頼で送られてきました。
スカーフの素晴らしさに感動しました。
私の写真ではこの美しさは表現できなくて残念です。
フランスで制作されたエルメスが日本の甲冑とは....
日本とはフランス人から見たらこんなに高貴な文化に見えるのでしょうか....。
誇りを感じますね。

a0077203_18241831.jpg
世界中のエルメスファンに褒めてもらえるような
ページワンの額装にしたいと雪絵さんも興奮していました。
このフレームはイタリア製です。
今年の春の新作コレクションです。
イタリア発のフレームがフランスのエルメスを包む。
そして日本の5月の壁に飾られる。

a0077203_18135131.jpg
奥行きにある立ち上がりの内側は鏡面仕上げになっています。
この額装でお客様が喜んでくださり又雪絵さんに必ずお願いしたいと
メールをくださったのが一番の幸せでした。


# by page-1h | 2017-04-17 18:45 | スカーフの額装 | Trackback | Comments(0)